HOME>特集>定期健診を受ける習慣を身につけて歯を守ろう

虫歯予防のために利用しよう

診療室

虫歯は痛くなってから処置するのではなく、発生を予防することが何より大切です。ひとたび虫歯が発生したら、たとえ軽度であっても自然に治ることは絶対にありません。川崎市の歯科のなかでも予防歯科は、虫歯を予防するための歯磨きの仕方、歯を守るためのライフスタイルなどを積極的に指導してくれます。身体のなかで失って一番困るのは歯だと言われているため、80歳まで20本の歯を残すことを目標に予防対策をしてください。

こんな症状が見られたら要注意

歯医者

口臭がきつくなってきた、歯を磨くと高確率で出血する、歯が長くなった気がする、などの自覚がある人は歯科に行ってみましょう。川崎市の歯科は痛くなる前に行くのが基本で、それにより苦痛を回避できるだけでなく、治療費を抑えることにもつながります。